相互リンクでアクセスアップ/無料ブログ作成マニュアル

無料ブログ作成マニュアル

Google
 

◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったと思っていただけたらポチッと応援お願いします。
FC2 Blog Ranking

◆相互リンクでアクセスアップ

相互リンクとはお互いにサイトをリンクしあう事で、お互いのページを宣伝しあうというものです。
有名サイトさんにリンクしてもらえるとアクセス数を期待できますが、ランキング上位ほどの大きな効果はありません。
アクセスアップというより、交流の色の方が強いでしょう。
絶大な効果を挙げるのは、同じジャンルのサイト同士で両者のアクセス数が盛り上がった時です。

◆相互リンクの前に

色々なブログサイトを見て気付いたんですが、ブログサイトって「リンクについて」を書いてないところが多いですね。
これって非常にもったいない。
いいサイトだな~こっちから一方的でいいからリンクしようかな、と思っても、「リンクについて」が書かれて無いとリンクしちゃいけないのかな、と躊躇してしまいます。
サイトポリシーでリンクフリーなのか、それともリンクしないで欲しいのかは面倒でも書いておいた方がいいでしょう。
書いてなければリンクして欲しく無くても、リンクしていいのかな、とリンクされてしまう場合もあります。
カテゴリに「リンクについて」とでも題したカテゴリを作って、リンクフリーかどうか、フリーであるならサイト名とアドレス、相互リンク募集中ならその点を書いておいた方がいいでしょう。
当サイトにもリンクについてがありますが、色々なホームページなどの「リンクについて」を参考にして、自分のサイトポリシーに合ったリンクについてを作ってみてください。

◆相互リンクを申し込む時の注意点

相互リンクはリンクページなどに募集しているサイトがあったりします。
まず募集してるかどうかの確認をしましょう。(と言っても上記の様にブログは書かれてない所が多いんですが^^;)
逆に相互リンクを自分から募集しておくのも手です。

■申し込む前の注意点
リンク集にはサイト管理者の顔が出ます。ポリシーですね。
募集しているところならかたっぱしからという訳にも行きませんし、受け付ける側も申し込まれたサイト全て登録という訳にもいきません。
出来るだけ自分のサイトと合ったサイトに申し込んだ方がいいでしょう。
その方が、そのリンクをたどって来た方も、自サイトに興味を持っている人の確率が高いです。
関係ないサイトの場合、相手によっぽどアクセスがあって、また目立つ位置で宣伝してくれないと、まず来ません。
そういったサイトで特別扱いされるのは稀、というか無いので、自分にあったジャンルのサイトを選びましょう。
また、あまりコンテンツが充実してない時に申し込まれると非常に困ります。
こういうのって断る方も勇気がいるんです。
自分が自サイトよりコンテンツがそろってないサイトに申し込まれたら……と考え、申し込む際はこちらもサイトのコンテンツを先に整えておきましょう。
最低でも作って半年くらいたってからでしょうか。
リンク集を作る際に気を遣うのは、相手のサイトがちゃんと運営されているかどうかが一番の肝です。
ちゃんとこれからもずっと運営していく自信が出来たら申し込むという形にした方がいいと思います。
なお、同ジャンルと言っても、あまりに似通っていて個性が自サイトに無い場合、リピーターが相手側に流れてしまう場合もあるので要注意です。

■申込みはメールで
コメント欄しか無いのなら仕方がありませんが、申し込む際はメールの方がいいです。
メールがあるのにコメント欄でいろんな人の目に止まる様な形で書き込んでしまうと、宣伝目的と取られる事もあるかもしれません。
また何らかの理由で断らなければならない時、自サイトのコメント欄だとそこだけ見た人にけちだと思われたりする場合もあるので非常に困ります。
相互リンクを申し込む時はお願いする立場なので、相手の立場を尊重してマナーをわきまえましょう。

また、相互リンクを申し込む際は、すでにこちらからリンクしておく事が絶対条件です。
そっちがリンクしたら私もリンクします、といったお願いは、まず無視されます。
ただ中にはあまり多くの人に知られたくなくひっそりと運営しているサイトもあって、リンクされること自体が嫌だと思われる場合もあります。
その点は各サイトに書かれているとは思いますのでよくサイトを見ておきましょう。
というか、見てないと感じられる申し込みも却下されるのが普通です。
※リンクを貼る際にバナーを使う場合、画像の名前を表記するalt属性を忘れずに。無いと嫌う方は多いです。

■申込みメールの書き方
メールには書き方があります。掲示板の感覚で書いてはいけません。
手紙と同じだと考えてください。
まず、はじめましてなどの挨拶と、名前を名乗ります。
ハンドルネームでいいと思ってる方も多いですが、ここは本名の方が印象はいいです。
初めて会った人に自分をニックネームで紹介する人なんていないでしょう。
ハンドルネームでいいと考える人も多いですし、送り返された時にハンドルネームを使っている方もいますのでそんなに気にしなくていいかもしれませんが、本名を名乗ってるかどうかが審査対象に含まれる場合もあるのは覚えておいてください。
ちなみにクロは、あんまり気にしません。
そしてサイトを見ているかどうかも重要です。
サイトの感想も添えておきましょう。
「リンクを貼りました。相互リンクにしてください」というお願いは、半強制的なので嫌う人もいます。
「リンクを貼らせていただきましたがよろしいでしょうか?相互リンクしてくださると幸いです。」の様に、相手に全面的に任せる内容にしましょう。
そして自サイトのタイトル、アドレス、紹介文などを添えて、相手に手間をかけさせない心使いも大切です。
最後に自分のメールアドレスを記入。返信できなければどうしようもないです。

■相互リンク依頼の後
リンクをしてくれたら、お礼のメール返信を忘れずに。
ここやHPマニュアルの他に大きなサイトを運営してるんですが、お礼が無いと「何だアクセスアップ目的か」とそのサイトの扱いは大きく変わってしまいます。
相手のコメント欄などにたまに書き込みに行くのもいいかもしれません。
何だかんだ言って、結局相互リンクは交流用なんですね。(めんどくさがり屋のクロが筆不精なのはヒミツ)
またサイトの移転や何らかの理由で閉鎖してしまう事になった時は、ちゃんと挨拶に行くのが常識です。
なお、断られた場合、怒りに変えて相手にぶつけない様にしましょう。

役に立ったと思っていただけたらポチッと応援お願いします。
FC2 Blog Ranking

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hpmanual.blog81.fc2.com/tb.php/59-d261b5ea
この記事へのトラックバック

Copyright 無料ブログ作成マニュアル 簡単FC2入門 All rights reserved.
Template by 無料ホームページ作成講座ブログ
アクセスアップは相互リンクで 相互リンクドクター!アクセスアップ ホームページ登録(サーチエンジン登録) ホームページ作成 ランキング ページビューランキング 幸福の羅針盤ランキングに参加してね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。