覚えておきたい事色々/無料ブログ作成マニュアル

無料ブログ作成マニュアル

Google
 

◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったと思っていただけたらポチッと応援お願いします。
FC2 Blog Ranking

◆覚えておきたい事色々

これまでFC2ブログの様々な機能を解説してきましたが、運営上で他にも覚えておきたい機能を簡単に説明します。

◆モブログ

モブログとはモバイルブログの略称です。
FC2では記事を携帯から送って更新する事も出来ます。
自分のパソコンの前でなくても、ふと思った時に更新できるので便利です。

■モブログの設定
まず環境設定に「モブログの設定」とあるので、そこで携帯の設定をしておきます。
これはただ、携帯のアドレスを登録するだけ。
設定が正しく行われると、FC2から設定完了の確認メールが届きます。

■記事投稿の仕方
記事の投稿は、モブログ用メールアドレス(画像です。管理ページにテキストで表記されてるのでスパム対策してるんでしょうが、表記しちゃ駄目と次で解説するので念の為)宛てにメールを送る感覚と同じに投稿すればいいです。

件名、題名がブログのタイトルになり、後は記事を書くだけ。
画像も送れますが、これは1枚のみ。
複数送ると最後の一枚が表示されます。
なお、添付される場所は記事の一番上となります。

モブログでの記事投稿は、環境設定>その他の設定 で投稿カテゴリ、添付する画像をサムネイルにするかどうかなどを設定できますので活用してみてください。

◆プライベート設定

管理者ページには、メニューの一番上に訪問者履歴というものがありますね。
ここには同じFC2ブログユーザーが自分のブログにやってきた時に、相手のブログが表示されます。
自分のブログをこんな人が見に来てくれたのか、と実感できる、カウンターのFC2ブログユーザー版といったところでしょうか。
ここでは「このブログをリンクに追加する」という項目もあって、例えば同じ趣向のブログユーザーが来ていてくれたりしたらリンクに追加できるなど、交流の手助けをしてくれます。
ただこれ、やだなと思う人もいるかもしれませんね。
ブログを仲間内のみで使ってる人とか、行ったFC2ブログ全てに足跡が残るのは自分の動きを見られてる様でなんだか恥ずかしいとかもあるかもしれません。
これは、その下の履歴の設定で変更する事が出来ます。(環境設定の変更>ブログの設定 でも可)
本来交流に使うものですが、照れ屋さんは設定で「履歴を残さない」にしておきましょう。

◆コメントなどの管理

コメントは、なかなか書き込んでくれる人はおらず、足跡としては難易度が高いです。
書いてくれる人はよっぽどサイトを気に入ってくれた人か、書きなれしている人だけです。
またお叱りの言葉をいただく事もありますが、これはサイトへの期待感の裏返しで、非常に為になる事も多いので真摯に受け取りましょう。
そして、荒らすのが目的の人や宣伝目的の人も現れます。
これ等は宣伝目的なら書き込んだらそれに対するコメントなんか見に来ませんし、荒らしは反応を楽しむ人なので何を言っても無駄です。
やめてくださいとか喧嘩腰で対応するのではなく、スルーしましょう。

参考サイト ひとりで歩けるネチケット

荒らしがひどいようなら、「コメントの管理」にホストとあるので、それをコピーして、
環境設定の変更>禁止設定
の「禁止IPリスト」に表記しておけばいいです。
なおここでは禁止ワードも設定できます。

コメントスパム(URLの羅列)を防ぎたい場合は、
環境設定の変更>ブログの設定
に、「コメント、トラックバックの制限」とあるのでそこで設定をします。
下の方に「英数字のみのコメント、トラックバック制限の設定」とあるので、それは何か理由でも無い限りは「制限する」にしておきましょう。
コメント、トラックバックは、ここで管理人が見て、承認してからの表示にさせたりも出来ます。

役に立ったと思っていただけたらポチッと応援お願いします。
FC2 Blog Ranking

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hpmanual.blog81.fc2.com/tb.php/43-eaf5074f
この記事へのトラックバック

Copyright 無料ブログ作成マニュアル 簡単FC2入門 All rights reserved.
Template by 無料ホームページ作成講座ブログ
アクセスアップは相互リンクで 相互リンクドクター!アクセスアップ ホームページ登録(サーチエンジン登録) ホームページ作成 ランキング ページビューランキング 幸福の羅針盤ランキングに参加してね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。